活動場所

なぜ城ヶ島か

私たちのプログラムは神奈川県三浦半島の先端の城ケ島を中心に実施する予定です。県最南端の海に面した場所は危険なのでは?とおもわれるかもしれません。

城ケ島は対岸の三崎の港町や高い山のない三浦半島をこれまで数多くの自然災害から守ってきた傘のような存在です。いわば、三浦の守り島です。そしてなにより手つかずの自然が数多く残り、アウトドアには最高のロケーションなのです。都心から車や電車とバスで2時間足らずで行き来できる気軽な距離感も魅力です。

城ケ島の歴史をひもとくと、鎌倉時代には源頼朝が好んでよく遊びにきた島でもあり、また戦時中はいくつもの砲台をそなえた戦さの最前線でした。また昭和には観光の島としておおいに賑わいました。 時代時代にそくした『役割』がある島なのです。これからの城ケ島の役割は『遊びと備え』ーこの島から防災アウトドアプログラムを発信する意義は大きいとおもうのです。

img_jogashima_map